自慰と快楽 オナニー日記

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
2017/08/31(木)

 ロリコンの話をあまり具体的に書くと怒られてしまいそうだが、これは昨今の犯罪とは関係がない。三十年以上前に日本中でもてはやされたサブカルチャーとしてのロリコンブームの話なのである。そういう話すらダメだという向きもあるかも知れないが、歴史を直視しないロリコンに未来はないのだ(もともとないんだけどね)。

 てなわけで、どっちへ転んでも「俺たちに明日はない」という結論に落ち着くこの話題。まずロリコンブームというのは、おそらく83年くらいがピークであり、その翌年には週刊誌とか婦人団体なんかが騒ぎはじめていたと思う。僕の記憶では85年から消しが入りだして、はなはだしく興趣を削ぐことになった。それはやがてエアブラシ処理へと変わり、われわれは見たいもの(ってなによ)を見ることができなくなったのである。



 しかしブームのさなかには、別にエロという認識ではなかったはずで、少年ジャンプで江口寿史や北条司といった人気漫画化が「ロリコン」という言葉を使い出して、若者の間で流行ったのだと思う。当時の流行語で言えば「ほとんど病気」というやつである。僕自身のことを言うと、その頃は高校生くらいでロリものを追いかけて本屋で立ち読みしていた(高価であるし、年齢的にも堂々と購入するのは無理だったので)。女性の局部を合法的に見られるというメリットは確かにあったものの、やはりエロとはちょっと違うんだな。新しいポップカルチャーという感じの方が強かった。現在考えられているような、変態的エロという意味あいは薄かったと思う。

 エロに関していうならば、僕がエッチな気持ちになって勃起するようになったのが小5くらいなので、その時期に上級生のお姉さんだった12歳から14歳くらいの少女に対する純粋な(そうなのか)憧れが強いのである。僕は現在でも小5のつもりで生きているので、少女好きなのはロリコンではなくて、むしろ年上趣味と言うべきなのだ。←ちょっと何言ってるか分からないです

 それから中学時代には、時代的にも立場的にも、エロいものをほとんど見られないという環境にあった。まあブルマのお尻は学校で見放題だったが、ネットなどない時代だからズリネタの調達は困難をきわめていた。しかもヘアヌードなど絶対にあり得ないという世の中であって、女性の局部を見たいという願望というか妄想は、常に爆発寸前まで膨らんでいた。そこで、ロリもの(の立ち読み)ならば合法的に女のアソコを拝むことができる!という一種のオアシスにとびついていたわけである。やがて神保町界隈で輸入ものの雑誌に出会って衝撃を受けるわけだが、そちらは完全にエロであり貴重なズリネタだった(もはや詳しくは書けないが)。



 とここまで書いてきて、ゆとり世代の若い読者ちゃんは不思議に思ったかも知れない。中高生がそんなものを立ち読みできたのか?という当然の疑問が湧いてくるところだが、できたのである。前述のように、ロリコンブームはエロというよりはポップなサブカルチャーであって、本屋でも芸術写真やファッション雑誌と一緒に並んでいることが多かった。それから、ブーム末期になると売れることが分かっているので、たいていの大手書店では平積みの立ち読みコーナーを設けており、老若を問わない同好の士(俺以外はたいていジジイだったけど)が目を皿のようにしてページを繰っていたものだ。

 そこでふと気がついて呆然となったのだが、僕がその頃、合法のロリものを立ち読みしていた大手書店のほぼ全てが、わが街・渋谷から消滅してしまっているではないか。渋谷といえば大きな本屋が集結している街という印象だったのに、今では逆に本屋のない街になってしまったようだ。ロリコンブームの衰退、恐るべし。(関係ないって)

 一番よく行くのが東急文化会館の三省堂、そして東急プラザの紀伊国屋だった。地下の新玉川線乗り場から地下道を進んだところにある旭屋と合わせて、この大手御三家には本当にお世話になったものだ。それから、井の頭通り入口あたりの、西武百貨店前にあった太盛堂はビルがまるごと全部本屋という、渋谷名物みたいな大艦巨砲主義の書店だったねー。そうした大手書店が全部消えてなくなっているのだから、時の流れというものは残酷である。僕のロリ趣味の原点を探す旅みたいな企画をやろうと思ったのだが、このありさまでは無理と言わざるをえない。



 昭和の渋谷で思い出したのだが、力道山が建てたプロレスの聖地「リキ・スポーツパレス」の建物が、道玄坂にまだ残っていたのである。建物自体は90年代まであったんじゃないかな。89年、すなわち平成元年に起きた事件を契機にして、ロリコンやロリものが変態的・猟奇的なイメージになってしまい、妙に社会問題化して規制されたというのも、象徴的な感じがする。結局「昭和はよかった」という結論に達するわけだが、当時のブームを知らない人にいくら「エロとは違うのだ」と説明しても通じないのだから、これはどうしようもない。僕は往時を懐かしむ変態中年ということになる(違うと言っているのだが)。

 いつか悪法が改正されてブーム復活!といきたいところだが、これは絶対にあり得ない話だろう。せめて、渋谷が再び本屋の集結する街に戻るように願うのが精一杯かな。その時には、ロリものの平積み立ち読みコーナーをお願いします。だから、ないって言ってるんだよ(笑)。




ベテランのロリッ娘(なんだそれ)で頑張っている椎名みゆクン
地道な活動が実って売れっ子になってきましたね

椎名みゆ1

詳細ページはこちら→ 椎名みゆ 抜かずの14発中出し

タグ : ロリコン 昭和

2017/08/29(火)

 前回からドライと瞑想の話を書こうとしているのだが、つい脱線してしまって本題まで行き着けないのが、当ブログのあなどれないところである。まあ、話がどっちに転ぼうとマイナーなネタであることは確かなので、世の中には全く影響がない。

 先日は24時間テレビというのをやっていて、相も変わらず身○者がなんか努力している様子を映して「勇気をもらった」とか言っていた。身体に障害がある人はある意味、見ていて分かりやすいけれど、われわれのようなロリ○ンでアナニーマニアという、趣味がちょっとだけ変わっているという理由で変態扱いされている、罪もない(あるけど)人間にスポットを当てて募金したら面白いだろうなーと考えた。必死でお金と時間を費やしてドライオーガズムを追求する姿をドキュメンタリーでやって、人気アイドルに「アナニーから勇気をもらいました」とか言ってもらいたいものだ。



 そんなことはともかく、話は「瞑想」である。

 射精オナニーの場合、エロいものを見て興奮して勃起し、性器をシコッて射精するという普通のプロセスがある。ところが、ドライオーガズムに関しては、性的に興奮するのはよくないらしいぞ、というのが経験的に分かってきた。しかし結局はオナニーであって性的快感を得ようとするのが目的なんだから、興奮するなと言われると禅問答みたいになってしまう。ようするに、エロい気持ちで盛り上がるのはいいんだけど、それが一旦冷めて無の境地に達したとき、いい感じでドライに入れるということだ。

 ちょっと脱線するが、普通の射精オナニーでも、このごろはあまり興奮するとダメなのである。といっても年齢のせいか、海外動画サイトに慣れすぎたせいかよく分からないんだが、中高生の頃のようにメチャクチャに興奮するということはなくなった。それでもたまに意表をつかれたシチュエーションとか、人気女優が思わぬ過激プレイに走ったAVを見ると、思わずハアハアと射精衝動にとらわれてガキの頃のように猛然とオナニーしてしまうんだな。そういうときは、たいてい快感も飛び方もいまいちなのだ。昔と違って、瞬発的な性衝動に中年の肉体が追いついてこないのだろう。

 ということで、かなり悟りの境地に近づいてきた僕なので(どこがだ)、ましてやエロい動画を見てドライオーガズムなどは絶対に無理だなあ、という予想は簡単につくわけである。そこで瞑想オナニーに思い至ったわけだが、そのヒントになったのが某XTubeに出ていた外人のアネロス動画だった。おそらくヒリックスらしいアネロスを挿入して、かなり長い間じっと寝ているだけの地味な動画で、英語字幕でドライオーガズムのプロセスを解説している。他の動画と違ってバタバタ飛び跳ねているわけではなく、ただ寝ているだけだから映像的インパクトはあまりない。だが「Do Nothing」のまま数十分じっとしているというのは、僕の抱いているイメージにかなり近いものである。



 僕がドライオーガズムという言葉を知ったのは十数年前だが、それよりもさらに十数年前に、瞑想によるドライオーガズムに近いものを経験したことがある。これは、僕にとっては人生の上で大きな体験であったので、またぞろ脱線するかも知れないがここに書き記しておきたいと思った次第だ。

 その頃、僕はひどい自律神経失調症に悩まされていて、仕事も金もなくて、ほとんど身動きもできないでアパートの部屋で引っくり返っていた。その根本的な原因は女に騙されたことだった。つまりはこれ以上ないというくらいどん底で、もはやできることは自殺くらいしかないという底辺の状態だったのである。

 そんな時、知人から呼吸法を教えられた。寝転んだままの体勢で、ゆっくり腹式呼吸をやれというのだ。

 その呼吸法をやっていると、だんだんと全身の筋肉やら内臓の緊張がとれてきて、やがて起き上がれるようになったのである(といっても数年はかかったのだが)。そして、ときどき幽体離脱のような感覚に襲われ、何度か強い性的な快感を感じたのだった。これは今にして思えば、エナジーオーガズムに近いものだったのだろう。その快感はある一時期だけのものであり、のちに肉体が回復してからは再現することができなかった。おそらく、やけくそになって全身の力が抜けていたので、偶然うまい具合にエナジー呼吸ができたということかも知れない。



 あとから分かったのだが、その知人は安藤一男という人の道場に通っていて、そこでやっている呼吸法を僕に教えてくれたのだそうである。安藤一男という人は、ときどき「スーパージョッキー」に出演してたけし軍団を整体で痛めつけていた先生だから、見た人もいるかも知れない。僕も道場に誘われたが、そのときは怪しい宗教かなにかのように思われたので行かなかった(ちょうど時節柄、そういう時期だったのである)。

 のちに安藤一男の著書「無意識の魔力」を読んだら、かなり実践的な健康法を書いていて、この種の書物の中では相当に納得のいく内容だった。アマゾンのレビューで、学問的な無意識とは意味が違うと揚げ足を取って酷評しているやつがいるが、これは学術書ではなくて素人にも分かるように書いた健康法の本である。この段階(書かれたのは80年代)でドライオーガズム的な現象について言及しているので、改めて驚かされるのだ。

 そういうわけで瞑想とドライオーガズムの関連性というのは、数十年前から曖昧な形で僕の中にずっとあったわけである。そして、ネット時代になってはっきりとドライオーガズムという言葉を意識するようになり、エナジー呼吸の修行をやりはじめた。やがて、偶然にメチャクチャなドライオーガズムを経験することになり、僕はこの世界にどっぷりと足を踏み入れるのだった。その話はまた次回に書くことにしよう。



初心者が感覚を掴みやすいヒリックス
シンの魅力は内部を舐めるようなコーティングの感覚だ
アネロスHelix SYN
アネロスHelix SYN


タグ : エナジーオーガズム

2017/08/24(木)

 みなさんこんにちは、ぼくドライもんです。(声・大山のぶ代)

 などと言うとる場合ではなくて、今年に入ってからのカリビアン○ムのゴタゴタ、そして有名AV女優のタイーホとかいろいろあったので、長年やっていた海外動画サイトの紹介にも完全にケチがついてしまった。時節柄、もはやモロだし動画はダメそうなので、このブログも放置しちゃおうかと思ったのだな。

 実際、しばらく放置していたのだが、真面目に(?)記事を書いていた頃よりも、むしろ放置してからの方が閲覧者が集まるという珍事が起きた。ひとつにはドライオーガズム関係の記事を検索する人が多いからであり、ドライに関する情報を得たいんだがネット上にまともな記事がほとんどない、という状況のなせる技である。まあ正直なところ、ドライ関連のブログは多々あれど、多くは通り一遍の内容のアフィリエイトサイトであって、まだアネロス本家サイトの掲示板の方がためになったりする。そればかりか、ドライオーガズムの詐欺教材を売っているところがいまだ跳梁していたりする始末。(同業者の商売に文句つけるのもアレなんだが)



 つーことで、僕はドライオーガズム関係はあまり書いてないにもかかわらず、数少ない記事への検索からのアクセスがコンスタントにあるのだ。これはちょっと異常なほどの数なのである。

 あともう一つは、当サイトの本来のテーマだった(そうなのか?)伊藤青葉関連の記事である。

 というか、以前にやっていた海外動画サイトレビューのブログで、伊藤青葉がある時期から激ヤセした話を書いたら、大変な反響があったわけだな。そして「伊藤青葉 激ヤセ」のキーワードで検索すると、僕が書いた記事が1ページ目にズラッと並ぶという恐ろしい事態が起きてしまった。僕は何年かの間、「伊藤青葉 激ヤセ」のキーワードだけで食っていたのである。青葉は食ってないというのに(笑)。

 そのサイトはやめちゃったので、もはや伊藤青葉でアフィリエイト収入を稼ぐということもなくなり、それから数年。ふと何気なく「伊藤青葉 激ヤセ」で検索してみると、なんとやっぱり俺が書いた記事が1ページ目に並んでいるではないか。なんだこりゃ、とわが目を疑ったのだけど、よく考えると新たにはじめたこのサイトでも、やっぱり伊藤青葉が激ヤセしちゃった話を記事にしていたのだね。あまりにニッチな話題なのでまたしても僕の記事がトップに出ちゃって、放置してからもやはり「伊藤青葉 激ヤセ」だけでそこそこのアフィリエイト収入になっていたのだから、世の中わからない。



 ドライオーガズムと伊藤青葉は何の関係もないように思われるが、代表作「蒼い狂気」でおっさんに肛門を責められて達するシーンがクライマックスであるし、おまけインタビューでもアナルオナニーで失禁しながら、肛門の快感の凄さを語っているわけで、お尻で感じるという意味では大いに関連があるのだ、とこじつけておこう。

 伊藤青葉の「蒼い狂気」はかつての僕のズリネタNO.1であった。そのあと朝倉ことみ、愛内希、前田陽菜といった美少女タイプの女優が無茶苦茶をやるという作品に魅了されていったのである。2008、9年あたりを境にしてAV女優のレベルが異常に上がり、内容も過激さをきわめるようになっていったように思うのだ。そういうものを月に百本以上鑑賞してレビューを書いていたので、エネマグラを挿入してドライを追求しようとしても、快感とともについ射精衝動にとらわれてしまうのが、長年の悩みだった。

 僕の中では、エネマグラやアネロスを挿入したまま、チ○コを刺激して射精するのは「あり」なのだ。特に、先の部分だけを肛門の入口に引っかける感じで射精すると、アヌスの伸縮がいつまでも続いて擬似的にドライに近い感覚が得られ、射精の快感と相まって死にそうになる。これは射精オナニーとしては最高に近い気持ちよさだろう。

 しかしそれはあくまで射精オナニーの快感であって、ドライを追求する観点からは邪道なのである。



 幸いというか何というか、今回の騒動で海外動画サイトから離れることになり、従来のような過激すぎるAV(しかも無臭性)を見る習慣がなくなった。人間というのは不思議なもので、見ないのが普通になってしまうと、それでも十分にオナニーできちゃうのだな。まあ、それは俺だけかも知れないが。そこで、アネロスを挿入しても以前のような強烈な射精衝動を感じることがなくなり、かなり平静に肛門感覚に集中できるようになってきたのである。

 なんか前置きが長すぎて瞑想の話までいかなかったが、その辺はまた次回(笑)。



プロガスムはホント人気ありますね
圧倒的な圧迫感がいいのでしょうか
ANEROS-PROGASM(アネロス プロガスム)
ANEROS-PROGASM(アネロス プロガスム)


タグ : ドライオーガズム 伊藤青葉

2017/08/21(月)

 ツイッターとかいろんなSNSを見ていると、ドライオーガズムやアネロス、アナルオナニー関係の書き込みをしている連中が結構いるわけだな。

 まあ面白がって読んでいたんだが、どうもそいつらの傾向として「アナニーを覚えると勃起しなくなった」「女に興味がなくなった」「射精オナニーなどバカらしい」みたいなことをやたら書いている。で、なんか女に興味があって普通にオナニーしているのが悪いみたいな感じになってくるのである。僕が射精オナニーの話を書き込んだら、途端に大量にフォローを外されたりして(笑)。なんなんだこいつらは、という気分である。ある種のアナニーファシズムなのかも知れない。



 そんなことはともかく、僕は中坊の頃からオナニー星人であって、女の裸を見て勃起する以外に生きる道はないのである。ドライオーガズムの快感を愛好してはいるものの、それは本来のエロ志向や勃起や射精とは矛盾しないのである。

 などと言いつつも、十代の頃に比べると勢いの衰えたおっさんであり、老衰の高齢者(?)であることは確かなのだ。そこにくわえてこの連日の暑さなので、なんとなく元気がなくなって勃起度が足りなかったり、射精の勢いが弱かったり、一日に二度三度とオナニーするのがキツかったりするわけだ。二度も三度もやろうというのが間違っているのだが。

 そこで、精力剤というものは効くのか?というのを試してみたくなったんだな。

 といっても一万も二万もするのはとても買えないし、そんなに高ければ効いて当たり前であるし、効かなければ自分の浪費に腹が立つ。というわけで、安くてお手軽なやつで勃起度アップできないだろうか、という無理ゲー(無茶ぶり)に挑戦してみることにして、まずは健康ネタのド定番である養命酒を購入した。



 養命酒といえば、現在はどこかのバカップルがCMをやっているようだが、僕の世代でいえば山本学加藤芳郎が、木ノ葉のこと一緒に出ていた印象が強いのである。養命酒のライバル的な商品で陶陶酒というのがあって、こっちは僕の中ではちょっとアダルトな感じがあった。昔、深夜のちょっとエッチな番組の合間に、唄子・啓介がCMをやっていたからだろう。

 ということは、勃起度アップならば印象度からいって陶陶酒を買うべきだったのかも知れない。といっても陶陶酒は一回倒産したので、現在もまだやっているとは知らなかったのである。いずれ陶陶酒も試してみよう。

 そんなこんなで、養命酒を買って飲みはじめたのである。

 効いたか効かなかったかといえば、効きまくったとしか言いようがない。朝から晩までギンギンのビンビンである。だから、僕に限っては効いている。しかし、よく考えてみればこれは、漢方薬によって滋養強壮に効果があったということであり、夏バテから脱出して普通に元気になれば、もともと節操のないオナニー星人だった状態に戻っただけであって、特別に何かの効果があって勃起度アップしたというわけではないのだろう。



 なにはともあれ、勃起の仕方も射精時の飛び方も確かにアップしたんだから、養命酒が効いたと言わざるを得ない。逆に二回も三回もオナニーしたくなってきりがないので、あんまり元気な人間とかドスケベ星人とかは、精力剤を飲まない方が無難かも知れない。あまりにもムラムラしすぎた結果、つい小○生に手を出してタイーホされても困るわけである。

 まあ、僕の場合は目的がオナニー生活の充実だから、その心配はないのだが。

 というわけで、養命酒が効くのは分かったから、次は千円以下で買えるマカとか亜鉛を試してみようと思う。どんだけオナニーする気満々なんだって話ですけどね。



わが青春のオナペットNO.1、星野ひかる嬢である
この時期のAVの方が今よりエロい気がするのはなぜだろう
演じる側にタブーに挑戦という気持ちがあるからだろうか…

星野ひかる

詳細ページはこちら→ 星野ひかる あのアイドルが新基準モザイクで甦る


タグ : オナニー

2017/08/19(土)

 どうもやることがおっさんじみているのだが(おっさんだから仕方がない)、昨日はテレビの「大江戸捜査網」をVHSで録画したものを、PCに取り込んでデジタル保存するという、アナログなのかデジタルなのかよく分からない作業をやっていた。

 すると、どこかで見たような女優さんがゲストで出てきて、時代劇のカツラをつけているので誰だか分からずにもどかしい思いをしたのだったが、よく見ると寺島まゆみであった。知っている人は知っていると思うけど、日活ロマンポルノの晩期に活躍したアイドル女優である。僕はリアルタイムでは作品を見てなくて、数年後(ロマンポルノが滅び去ったあと)に新宿昭和館とか五反田東映シネマあたりで現物を拝んだものである。

 といっても、雑誌「EIGA NO TOMO」のグラビアではさんざんお世話になっていたので、高校時代の最大のオナペットの一人であったと言っていい。

 と言いつつ、寺島まゆみのキャッチフレーズは「ロマンポルノの聖子ちゃん」であり「元祖ぶりっこアイドル」なのである。徹底的に松田聖子を意識したキャラづけが売りであったわけで、イメージとしては聖子の「裸足の季節」「青い珊瑚礁」の路線であるから、これはどうしても反射的に中学時代を思い出してしまう。オナニーしていたのは高校時代なんだけど。



寺島まゆみ
寺島まゆみ嬢。いかにもという聖子ちゃんカットですね。



 ロマンポルノ女優の中では目立ったロリ系であり、アイドル的人気を得て一般ドラマにも出るようになった寺島まゆみだったが、聖子イメージを離れると「ブサカワ」がいいところであろう。一本立ちの女優として売るのはやや苦しい感じだった。むしろ、清楚な現代OLという作りでゲスト出演した「特捜最前線」の方に女優としての可能性を感じた。ここでは紅林刑事とタンゴを踊るシーンが見せ場であったが、どうもこの辺が最後の輝きという感じで、目立った活躍のないままフェードアウトしてしまったようだ。

 ロリっぽい人では東てる美、美保純、寺島まゆみというのが、アイドル路線の系譜だろう。他に一般ドラマに進出して売れた人では風祭ゆきがいるが、彼女はお姉さま系であって僕の守備範囲ではない(訳ありふうの美人としてはずばぬけていたが)。美保純はご存知のとおり、若い頃から健康美でかわいさ抜群のおねえちゃんだった。しかしロリ系のわりには暗い感じがなくて、いわゆる脱ぎっぷりのいい女優というやつ。これはちょっとオナペットにはならないし、ましてや「男はつらいよ」のレギュラーは出世のしすぎで、勃起するのは無理である。



 むしろ、中学時代の思い出のオナペットとしては東てる美の方が印象が強いのだ。

 といっても東てる美の映画は、今日に至るまで一本も見たことがなくて、ただ中学時代に親が持っていた雑誌に彼女のヌードが載っていたという話なのである。こちらはようやくオナニーを覚えたばかりの頃で、ズリネタを調達する手段など全くなかった時代でもあり、おそらく初めて目にした有名女優のヌードだったのだろう。発射したらばメチャクチャに飛んでびっくりしたのを覚えている。

 東てる美は当時23、4歳だったのではないだろうか。今の感覚でいえばロリというよりはむっちりしたお姉さんなのだろうが、ヌードモデルといえばオバさんという時代にあっては、衝撃的なかわいさだったと思うのである。しかも丸顔タヌキ系で、髪をツインテールに編んでいた。今もって丸顔ぽっちゃりロリに目がないという僕の趣味は、この辺にルーツがあるのかも知れない。

 しかし、当時こちらは中坊であって、彼女は十歳以上年上の女性なのだから、ロリとは言えないような気がする。そこが僕のロリ趣味の微妙なところで、小○校高学年から中○生くらいのぽっちゃり美少女がストライクゾーンなのだが(完全に犯罪者だね)、僕自身は自分のキャラ設定(って何よ)を小5くらいに置いているので、基本的には年上の女が好きなのである。



 そこで全然関係のない話なんだが、「蜂のひと刺し」で話題をまいた榎本三恵子という人も、中学の頃にお世話になったことがある。これまた、親が持っていた雑誌で衝撃のヌードを披露していたからで、相当なおばちゃんだと思っていたのだが当時30すぎくらいだったのかも知れない。やっぱり僕は年上の女性が好きなのか。

 これは先日、彼女の旦那である榎本敏夫が老衰で亡くなったという記事を見て、にわかに記憶がよみがえってきたのである。年齢の離れた夫婦とはいえ、お世話になったオナペットの旦那が老衰というのは、さすがになんだかなあと思うのである。そういう僕自身もブログのコメント欄で「高齢者なのにお盛んですね」と言われたことがあって、老衰の身でオナニーしている場合じゃないなあ、と思った次第なのだ。でもオナニーは相変わらずやってるんだけどね。



今の僕のオナペットNO.1といえば前田陽菜
やっぱり丸顔ぽっちゃりなのがおかしいですね


タグ : オナニー 昭和

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド