オナニー日記

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/08/21(月)

 ツイッターとかいろんなSNSを見ていると、ドライオーガズムやアネロス、アナルオナニー関係の書き込みをしている連中が結構いるわけだな。

 まあ面白がって読んでいたんだが、どうもそいつらの傾向として「アナニーを覚えると勃起しなくなった」「女に興味がなくなった」「射精オナニーなどバカらしい」みたいなことをやたら書いている。で、なんか女に興味があって普通にオナニーしているのが悪いみたいな感じになってくるのである。僕が射精オナニーの話を書き込んだら、途端に大量にフォローを外されたりして(笑)。なんなんだこいつらは、という気分である。ある種のアナニーファシズムなのかも知れない。



 そんなことはともかく、僕は中坊の頃からオナニー星人であって、女の裸を見て勃起する以外に生きる道はないのである。ドライオーガズムの快感を愛好してはいるものの、それは本来のエロ志向や勃起や射精とは矛盾しないのである。

 などと言いつつも、十代の頃に比べると勢いの衰えたおっさんであり、老衰の高齢者(?)であることは確かなのだ。そこにくわえてこの連日の暑さなので、なんとなく元気がなくなって勃起度が足りなかったり、射精の勢いが弱かったり、一日に二度三度とオナニーするのがキツかったりするわけだ。二度も三度もやろうというのが間違っているのだが。

 そこで、精力剤というものは効くのか?というのを試してみたくなったんだな。

 といっても一万も二万もするのはとても買えないし、そんなに高ければ効いて当たり前であるし、効かなければ自分の浪費に腹が立つ。というわけで、安くてお手軽なやつで勃起度アップできないだろうか、という無理ゲー(無茶ぶり)に挑戦してみることにして、まずは健康ネタのド定番である養命酒を購入した。



 養命酒といえば、現在はどこかのバカップルがCMをやっているようだが、僕の世代でいえば山本学加藤芳郎が、木ノ葉のこと一緒に出ていた印象が強いのである。養命酒のライバル的な商品で陶陶酒というのがあって、こっちは僕の中ではちょっとアダルトな感じがあった。昔、深夜のちょっとエッチな番組の合間に、唄子・啓介がCMをやっていたからだろう。

 ということは、勃起度アップならば印象度からいって陶陶酒を買うべきだったのかも知れない。といっても陶陶酒は一回倒産したので、現在もまだやっているとは知らなかったのである。いずれ陶陶酒も試してみよう。

 そんなこんなで、養命酒を買って飲みはじめたのである。

 効いたか効かなかったかといえば、効きまくったとしか言いようがない。朝から晩までギンギンのビンビンである。だから、僕に限っては効いている。しかし、よく考えてみればこれは、漢方薬によって滋養強壮に効果があったということであり、夏バテから脱出して普通に元気になれば、もともと節操のないオナニー星人だった状態に戻っただけであって、特別に何かの効果があって勃起度アップしたというわけではないのだろう。



 なにはともあれ、勃起の仕方も射精時の飛び方も確かにアップしたんだから、養命酒が効いたと言わざるを得ない。逆に二回も三回もオナニーしたくなってきりがないので、あんまり元気な人間とかドスケベ星人とかは、精力剤を飲まない方が無難かも知れない。あまりにもムラムラしすぎた結果、つい小○生に手を出してタイーホされても困るわけである。

 まあ、僕の場合は目的がオナニー生活の充実だから、その心配はないのだが。

 というわけで、養命酒が効くのは分かったから、次は千円以下で買えるマカとか亜鉛を試してみようと思う。どんだけオナニーする気満々なんだって話ですけどね。



わが青春のオナペットNO.1、星野ひかる嬢である
この時期のAVの方が今よりエロい気がするのはなぜだろう
演じる側にタブーに挑戦という気持ちがあるからだろうか…

星野ひかる

詳細ページはこちら→ 星野ひかる あのアイドルが新基準モザイクで甦る


タグ : オナニー

2017/01/28(土)

 メインPCが使えないので、更新するのが難しくなってきた。十数年前に自作した古いマシン(ペンティアム4)でネットに繋いでいるのだが、さすがに最近のサイトの重さには耐えられない。回線は光ファイバーになって激速なのだけど、マシンの方は激遅という、ギャップの凄さがさらにやりにくさに拍車をかけている。

 メインのマシンの方は壊れているわけではない。ただ経年劣化によって電源のテンションが落ちたため、寒い季節には起動プロセスがうまくいかず、数分でブルスク落ちしてしまう。気候が暖かくなってくれば解消するわけで、いってみれば「春から本気を出すマシン」なのであろう。



 ところで、このところ業界を震撼させているのが、カリビアンコムに映像を提供していた業者の摘発である。

 新聞記事を読むかぎりでは、なんか突然無臭性映像を出して捕まったみたいなことになっている。そんなに詳しくない記者が一般向けに書いているので、一体何が事件の焦点なのか全く分からないのである。無臭性といえば、カリビアンコムをはじめDTI系のサイトは日本で営業をはじめて十年以上になるわけで、なんで今さら摘発なのか、もっと他に取り締まるべき巨悪がいくらでもあるのではないか、という気がしてくるのだ。

 昨日あたりの記事では、海外サイトといえども日本に無臭性を配信したら、わいせつ電磁記録なんちゃらに当たる!という弁護士の見解が出ていた。しかし、これはちょっと苦しいのではないか。

 日本で無臭性ものを見るのは違法である、と法律を決めることはできるかも知れないが、現実問題として世界中のサイトを自由に見ることができるわけで、それを規制することは事実上不可能だろう。単純に無臭性だからダメというのでは、時代というかネットというシステムの発達に逆行している。だから、見る側としては基本的に関係のない話なんだが、だからこそ最大手であるカリビアンコムの動向は気になるわけである。



 今回の件では、業者が日本で撮影した無臭性映像を海外サーバーに送った、という行為がわいせつ電磁記録とやらに該当するのではないかと思われる。これ自体は筋が通っているようだが、モザイクをかけてアメリカに送り、向こうでモザイクを解除したのならば違法にはならないだろう。業者ならそれくらいの用心はしているのではないだろうか。

 もっとも、この業者が実はカリビアンコムの実質的な経営者であるという説もある。だとすれば、日本に居ながら日本人向けに無臭性映像を配信している、という理屈になり、これはわいせつ罪が成立するのかも知れない。しかし、外国の会社の内情をそこまで解明して立件することが可能なのかどうか。また、カリビアンコムはじめ海外無臭性サイトの多くが、さらに規制のゆるいオランダあたりに拠点を移す計画がある、といった耳より(なのか?)情報も入ってきており、さらに予断を許さなくなってきている。



 いずれにしても、人間に性欲があるかぎりアダルト業界は健在なわけで、動画サイトはいわば必要悪として不可欠なものであろう。違法アップロードを取り締まるのは当然としても、われわれが楽しんで見る(抜く)ぶんには、まったりと黙認してもらいたいものだ。それが大人の態度というものだろう。



フルーツメールでお小遣い稼ぎ!(登録無料)
フルーツメール


タグ : オナニー

2016/10/29(土)

 PCでこれを読んでいるみなさんには一目瞭然なんだが、このたびDTIの広告をやめてDMMに統一することにした。記事内の広告も順次DMMのものに貼り替えている。

 DTIというか、カリビアンコムと一本道はかれこれ十年くらい見ているので、私としては今さら違法だのグレーゾーンだのと考える余地もないくらい当たり前の存在なのだ。しかし世間的には、これから徐々に締めつけが厳しくなっていく感じなので、文句が出はじめる前に早めに手を引いておくことにした。

 でも見る側としては、モザ入りの方が安心できるかも知れない。DMMはテレビCMもやっている有名企業だし。



無臭性における私の原点・鈴木ありさ(モザ入りですが)
鈴木ありさ

無料サンプルはこちら!!→ 鈴木ありさ 近親○姦



 ひとつには、このところいくつかの業者が摘発されているという事情がある。

 だが、これを全部ひとくくりに論ずることは早計なのであろう。最大手であるDTIは優良企業であって、日本上陸以来十数年間、ほとんど問題になったことはないのだ。

 最近摘発されている業者は、国内で公然猥褻にあたる行為をはたらいたものに限られている。先日問題になった沖縄に拠点を置いている業者の場合は、当札ものの一部がヤラセではなくてガチだったらしく、動画の拡散を防ぐ意味でアフィリエイターにも警告が出たということである。

 あの業者は私もかつて登録したことがあるのだけど、非常にうさんくさい感じがしたのですぐに退会したのだ。そのせいか、今回は俺のところには警告メールは来なかった(笑)。

 以前に比べると、こうした別件がらみの対応がきつくなっているのは確かである。



 DTIのような無臭性ものはグレーである、という意見がよく聞かれるが、アメリカ国内で米国法律を守っている以上は合法なのである。そして今のところ、外国のサイトを見てはいけないという制限は、われわれに課せられていない。また現実的にも制限をかけるのは不可能だろう。

 そして広告についていえば、合法なサイトにリンクすることはやはり合法である、という建前で掲載している。というかこの十年間それでやってきたのだが、これからは無臭性サイトへのリンク自体が公然猥褻とか猥褻幇助に当たる、という解釈に移行していくのかも知れない。



 私はインターネットをかなり初期からやっているので、二十数年前の無法地帯ぶりを知っている。特に炉裏がらみで懐かしく思い出すことが多い。その意味では昔はよかった(笑)。無法地帯に大勢の人々が流れ込んできて、だんだんと法が整備されていくというのは、まるで西部劇のような展開である。

 炉裏が追放されると、次は無臭性の番。というのは歴史の必然なのだろう。モザイクがあろうとなかろうと、俺としては相変わらず名作AVを紹介していくだけなんだけどね。



十年前の俺にとってもう一人のアイドルだった、愛原つばさちゃん
愛原つばさ

無料サンプルはこちら!!→ 愛原つばさ ギャルJK中出し


タグ : AV女優

2016/10/08(土)

 現在話題になっている坂口杏里のAVデビュー作を見た。

 別に見たいわけでもないのだが、こういうサイトをやっている義務感から一応見ておくべきだと思いまして。内容的にはごく普通のカラミであり、ありがちなデビュー作という印象。元芸能人という肩書きだけでいいかげんなものを出してくるかと思ったら、きっちりやることはやっている。

 一部でケツが汚いとか、剛毛だとかいって酷評しているゆとりがいますけど、そんなのは当人の勝手であってAV女優としての個性というものである。ちなみに俺は剛毛が好きである(本当にどうでもいい話だが)。



 しかし最近ではAV女優のレベルは天井知らずで上がっている。今や坂口杏里クラスの美貌では中の上といったところだろう。母親が有名女優という肩書きがなければ、企画女優からのスタートだったのではなかろうか。

 特に気になるのは、デビュー作を見る限りではAV女優としての売りが感じられなかったところだ。たいていの人は何らかの路線みたいなものが見えるものなんだが、彼女の場合はロリでいくのかイケイケなのか、妖艶熟女系をめざしているのかまるで分からない。おバカならおバカを前面に出す撮り方もあるのに、そういう感じもしないのである。



 などと真面目に論じてしまうのが私の癖であるが、坂口杏里の個性といえばまずはガリガリだろう。シーンによってはアバラが浮いていることもあり、そういうのが好きな人は好きかも知れないなーと思った。(俺はデブ好きだが)

 当サイトでガリガリといえば伊藤青葉である。彼女の場合は激ヤセというべきだな。うちで最も収入を上げているのは「伊藤青葉 激ヤセ」のキーワードだったりするのだ。




 伊藤青葉は非常に特殊な例として、ガリガリでぺったんこのAV女優で印象的なのは吉原ミィナである。

 吉原ミィナは意地悪お姉さんみたいな顔していながら、脱げば全くお肉のついてないつるぺたちびっこ体型で、そのギャップに興奮させられた。坂口杏里と違って、お尻は少年のように美しい(笑)。貧乳を売りにする人は今でもときどきいるんだが、吉原ミィナのようにガチで貧乳のAV女優というのは珍しい。なんでAV女優になろうと思ったのか、首を捻るほどである。

 もっとも、最後の方はさすがに女らしくふっくらしてきて、ちょっとオッパイらしきものが出現していた。当人もそこで限界を感じたのかも知れない。



 あとガリガリ系では、椎名ゆずという人がいた。

 今から6、7年前に出ていた女優さんで、覚えている人は少ないかも知れない。そもそも椎名という苗字のAV女優はやたらに多くて、椎名ひかる・椎名みゆ・椎名りく・椎名楓とか次から次に出てくるので、誰が誰なんだか分からない。

 椎名ゆずも吉原ミィナで好評を博した貧乳シリーズ(?)で登場した一人だった。吉原ミィナが少年みたいな体型だとするならば、椎名ゆずはまさにJC的な見事なつるぺた。こやつに比べれば俺の方がはるかに巨乳である。

 ところが、童顔つるぺたとは対照的にアソコは使い込まれて真っ黒くろすけで、プレイぶりも相当にハードで驚かされた。ガリガリでもこれほどの個性というかスター性を打ち出してくれば、十分にオカズになるということだ。





タグ : AV女優

2016/04/25(月)

 いちいち報告することもないんだけど、今日は黒川ゆらの無臭性デビュー作品をオカズにオナニーした。

 表作品では、どちらかといえば清純な制服美少女タイプとして売り出した黒川ゆら。この人がいよいよモロ出しを見せてくれるというので、かなり期待した一作だったのである。数年前の話なので、いまさらそんなことを話題にする者もないんだが、俺は思い出したようにこの作品でオナニーしてしまう。

 高○のクラスにいそうな真面目っ娘な顔して、思いもかけずハードなセックスをする姿がたまらない。無臭性の最初の作品ということで、気合が入ったのか相当に無茶なことをやっている。



 こういうタヌキ顔でちびっこ体型で、脱ぐとなかなかいいケツをしているという女には滅法弱いのだ。駅前などでこの手のJKやOLを見かけると、つい尾行しそうになってしまう(やめなさい)。

 大学の時に、こんな感じのツンとおすましタイプの先輩がいて、偉そうに(?)教育実習に行って「先生」などと呼ばれていい気になっていた。

 しかし、乙にすましたお顔の裏で、その女は三段腹を隠すため、黒パンストとデカパンで下半身を締め上げていた。

 しかもデカパンを剥ぎ取ると無様なケツ毛バーガーだった。インテリ気取りの女を恥辱のズンドコに叩き込むプレイは、私の大好物である。また、女は生まれつき全員ドMであって、とりすました顔をしているのは、恥ずかしい目に遭わせてくださいという意思表示なのである(多分)。

 私は先輩の巨尻に顔を埋めて数時間にわたってくんかくんかして、「先生がこんなにケツ毛ボウボウでいいんですか」「この格好を生徒たちが見たらどう思うかな?」などと、往年の官能小説みたいなことを延々ささやいて、女が泣いて悦ぶところをハメ撮りして楽しんだのだった。



JKふうの黒川ゆらもなかなか乙なものです




 こういう優等生女にボディコン(ちょっと古い)の服を着せ、Tバックを履かせて繁華街を歩かせる。

 ときどき携帯で「ハンカチを落としたふりをしてしゃがめ」「ベンチに座って脚を組み直せ」とか指示を出すんだな。すると、足の付け根が大○唇すれすれまで露出して、通行人はみんなびっくりするんだが、よく見ると「安心してください、Tバックを履いてます」というオチ。女は「もう許してください」と真っ赤になって懇願しながらも、股間をグショグショに濡らしている。

 さらには「ノーパンになれ」「公園で野外放○しろ」と命令はさらにエスカレート。

 もっとも、実際にこういうプレイをやったことはなくて、この前エロゲーで見た話なのだが。(おいおい)

 こういうシチュエーションが似合うAV女優といえば、ベテランではみづなれい、大場ゆい、大橋未久といった名前が思い浮かぶ。本澤朋美や山手栞みたいに、困ったら本当に困った顔をするお嬢様タイプはダメなのだ。窮地に陥っているのに、気丈にもキッと睨みつけちゃう女教師みたいなインテリ女でなくてはいけない。ちばてつやの漫画に出てくるような女の先生だな(笑)。

 そんな生意気な女を、「偉そうなことを言っていても、下の口は正直だな」と言いながらハメ撮りしたいのである。



 しかし、AVではその辺を勘違いしている配役が多い。

 立川理恵、沖ひとみ、舞咲みくにといった路線の、何も考えてない巨乳女優を起用したのでは、聖職者の魅力が半減してしまう。おバカな女の先生というのは作りやすいし、「まいっちんぐマチコ先生」「いけないルナ先生」みたいな展開を狙っているのかも知れないが(そんな古いものは誰も狙ってません)、淫乱女が淫乱なことをしてもインパクトはないのだ。

 もっとも、これは私がAVのシチュエーションを重視するからであって、普通は美人がガンガンやってればそれでOKなんだろうな。



おとなしそうな顔して無茶をやらかすのが黒川ゆらの魅力



タグ : オナニー お尻

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。