自慰と快楽 オナニー日記2016年06月

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
2016/06/28(火)

 いささか旧聞に属するが、神保町の書泉ブックマートが閉店になったそうだ。

 これは知っている人は知っていると思うが、ネットが発達する以前には「おたくの聖地」みたいな本屋だった。ずっと前、80年代初頭くらいまでは普通の本屋だったのだがもうひとつ売り上げが伸びなかったのを、サブカル系のマニアックな本ばかり扱うようにシフトしてから一気にブレイクした。私も映画とかプロレス関連の本を探しによく行ったものである。



 もっとも、こっちの拠点は渋谷だったので、秋葉原とか神保町はいささか遠いんだな。エロゲとか炉裏関係の書物(笑)を探しに、気合を入れて二週間に一回くらい出向く感じ。

 80年代当時の渋谷といえば、今では名残りをとどめるものが少なくなってしまった。タワーレコード渋谷店が今の場所ではなくて、東急ハンズの斜交いあたりにあった頃のことだ。まだCDは出はじめた時期で、アナログレコードの方が主流だったのだから古い話である。

 学校があった関係から東急東横線がメインのテリトリーなのだった。その東横線の渋谷駅もすでに昔の面影はないし、東急文化会館も東急プラザも閉館してしまっているんだから、ちょっと呆然としてしまう。渋谷の東急プラザはエスカレーターが最上階まで吹き抜けになっているので、1階のコーヒーショップの匂いが全店に充満しているのが好きだった。



 そこで、ようやく話はビニ本になってくる(笑)。

 私の行動範囲はだいたい東横線、大井町線、目蒲線沿線なのであった。映画館で言えば自由が丘・武蔵野推理劇場と綱島映画がメイン(この二館に通っていれば、主な映画はほとんど二本立て600円で見られる)で、ときどき大井町や蒲田に遠征するという感じだった。そして、同時に町の古本屋をめぐって歩く。もちろん古本のチェーン店などはない時代である。

 80年代だから、炉裏ものの写真集は合法的に2000円以下で手に入る。もちろん90年以降は国内ものが絶滅したため、有名な写真集には数万円の値段がついてしまった。古本屋だとショーケースに入っていたり、高いところにわざわざ飾ってあったりする。あんなものを飾るのはどうかと思うんだが、それはそれで懐かしい光景だったりするのだ。



 特に印象深いのは、輸入ものの雑誌である。これは今となっては詳しく述べるわけにはいかないんだが、70年代くらいに日本に入ってきて、同好の士の間に衝撃を与えた代物なんだな。わが国では清岡センセの芸術写真(?)くらいしか流通してなかったから、びっくりするのも無理はない。

 といっても、たいてい黒ベタで大きく消しが入っているのだ。ワシは無臭性本はほとんど目にしたことがない。税関をすり抜けて入ってくることが可能なのかどうなのか、いまだによく分からないのだが……一説によると、芸術作品という扱いならばもろ出しOKだったという。しかし、実際はどう考えても芸術というような高尚なものではない(笑)。

 それから、これまた嘘のような話だけど、専門店も普通にありましたな。

 専門店といえば高田馬場にあったのが一番有名だけど、渋谷にも全盛期(何の全盛期だw)には数件あった。道玄坂のプライムの先にあった某専門店なんか、98年頃まであったんじゃないかなあ。といっても、そういう店のビデオは二万とか三万とか普通にするので、全く手が出せなかったんだが……。



 付け加えると、そういうジャンルの商品は80年代にはごく普通に販売していたのである。89年に例の事件が起きてからはおおっぴらには出せなくなって、こっそり売るようになったようだ。本棚にも小出しに並べたりしてね。違法ではないんだが、堂々と売るのはちょっとやましいという、あの時代の宙ぶらりん感は非常によかったと思う。

 法で完全に禁止するんじゃなくて、あの頃のように「ダメだけど黙認」という、大人の態度でいってもらえないものだろうか。



私は北川瞳のケツが好きだ!



タグ : オナニー 昭和

2016/06/21(火)

 ちょっと身も蓋もないタイトルになってしまったが、これが私の基本的な趣味である。別にJKでなくてもいいのであって、JCやJSでも問題はない(あるけど)。しかしAVの話なので、ここは当たり障りなく(あるって)JKということにしておく。

 ここで大切なのは後背位、バック突きということだ。

 抵抗できない女に屈辱的な姿勢をとらせて、心身ともに完全に支配するというのが重要なのである。つまりは力関係をはっきりさせることだな。私の考えでは、炉裏ものはSMの要素が大きな比重を占めている。これは男女平等に反するとか、世界の流れに逆らっているとか怒り出すアグ○スがいるかも知れない。が、あくまでAVにおけるコスプレの話なのでご容赦願いたい。



 さて、このジャンルは長年にわたって「つぼみ」という童顔の女優さんがトップに君臨している。

 残念なことにつぼみクンはDTI系のレーベルには出演してないので、ここではその対抗馬という感じで健闘してきた炉裏系ヒロインについて言及してみよう。もちろん、キーワードは巨尻である。俺の趣味だからである。



隠れ巨尻の第一人者といえば木村つなである




 近年、DTIでキャンペーンを張った大物の中で、炉裏っぽい人といえば佳苗るか、小西まりえ、成宮ルリが三羽烏に挙げられるだろう。いずれも年間百本近くをリリースする超売れっ子なんだが、彼女たちはいわば目玉商品として満を持して登場した「助っ人」である。

 生え抜きの叩き上げという感じで女王にまで登りつめた人、となると最右翼なのは木村つなということになる。

 この人は以前に表作品でいろいろ出ていて、炉裏系ではあったがもうひとつ路線が定まらなかったような気がする。芸名も十回くらい変えたのではないだろうか。木村つなで定着してカリビアンコムなんかに出はじめると、なんちゃって炉裏をきわめた作り物感が絶妙で、これはいい芸風を掴んだものだと感心したものである。

 最初の頃はまだ余計な肉もついてなくて、童顔貧乳を売りにしていた。しかし初裏作品の段階で、ボリューム感満点の隠れ巨尻がすばらしく、凡百の炉裏系女優とはモノが違うところを見せつけていた(単に俺が巨尻好きってだけです)。唯一の難点は、やや顎がとがっていてキツい表情に見えることだったが、これは年齢を重ねるとともにいい具合にふっくら丸顔に変わり、自然に解消してきた。

 作品をひとつひとつ語り出すときりがないのだが、プレミアムの「ゴールドエンジェル」に収録された2作が、昇り調子の頃の木村つなを象徴する名作だったと思っている。特に、お子ちゃまOLを演じた際のダサい衣装は、一周まわって昭和30年代みたいで実によかった。吉本新喜劇の女優がああいうの着てるよね。




 炉裏で巨尻の女優をもうひとり挙げるなら、既に引退してしまったが尾上若葉も忘れがたい人だった。

 童顔で巨尻といえば北川瞳もいるのだが、彼女は出てきた当初のJKふうの印象が薄れてしまった。今は太ったお姉さんという感じで(それはそれで好き)、炉裏系のオナペットとして、山口百恵ばりにマイクじゃないチ○コを置いた尾上若葉の方が鮮烈なのである。

 もっとも、この人は引退宣言したあとでモロだし作品の配信がはじまるという、見事なひとり時間差攻撃を決めたことで心に残っている。これも海外配信のなせる技。本人がいなくなってからスター街道を歩んだという意味では、ジェームズ・ディーンやブルース・リーに匹敵する存在だ(んなこたあないっ)。

 丸顔でチビデブ、脱げば意外な巨乳巨尻、とくれば「今の君はピカピカに光ってー」の宮崎美子を思い出す。これは80年頃にプロ野球ニュースの合間に流れていたCMであって、あの映像が反射的に思い浮かぶ人は完全なる中年と言えよう。

 作品的には、有名モデルという設定でカッコよく登場した尾上若葉が、悪徳カメラマンに乗せられて無様な体勢でガンガンハメられるという一作が、一番笑えて抜けたと思う。偉そうなことを言っている女が、一転して恥辱のズンドコに落とされるという俺の理想の世界(笑)を、ここまで見せてくれた作品も珍しい。



むしろ引退してからの話題が多かった尾上若葉クン



タグ : ロリ系 お尻

2016/06/19(日)

 さて、姉妹サイトである小説ブログの方がなんとか軌道に乗ってきたので、こちらの記事も書いていかなくてはならない。

 なにしろ小説の方は毎日2000字以上のペースで書いている。物理的に打ち込むのもかなり疲れるのだが、一からすべて考えて構成しなくてはいけないので、時間がいくらあっても足りない。その上にさらにAVを見てオナニーして、レビューを書くとなると死ぬほどの重労働になってしまう。別にオナニーはしなくてもいいんだが……。



 いろんな話題があるんだが、どこかの役場の職員がアダルトサイト詐欺に引っかかった話が印象的だった。わざわざ相手に直接電話をかけて、変な外人らしき男の口車に乗って自分でソフトをインストールしてしまったというから笑える。というか笑えないというべきか。この職員は私よりも少し年上で、その世代はPCがまったくダメという向きが多い。

 私の世代でまあギリギリだろう。こちらは高3くらいのときにマイコンというものが出はじめて、最初からわけの分からん機械をいじっているという口なのだが、当時はマイコンが趣味といえば完全なおたく扱いされて気持ち悪がられたものである。

 そういう私だが、インターネットの初期にはやはりエッチなサイトを見ていて、クリックすると自然に海外サイトにダイヤル接続してしまうという詐欺に引っかかったことがある。

 気がついてすぐに回線を抜いたんだが、わずかの時間で高額の国際電話料金を取られてしまった。



 それはインターネットというものが、ようやくマニアの間で使われだしたという頃の話だ。PCを買うとパソコン通信のソフトは標準で入っているが、ネット接続の仕方は自分で調べなくてはならないという大昔のこと。

 もちろんネット世界は完全な無法地帯で、現在ならば一発でタイーホされるようなすばらしい炉裡サイトが野放し状態で、大手出版社から出ている雑誌にアドレスが列記されていたからおそろしい。(あまり詳しい話は書けないけど)

 しかしむしろ炉裡の方は当たり前の時代であって、私としては女性の局部をモザイクなしに見られるという衝撃の方が大きかった。ありえないものを現実に目にしているという、SFの世界に来てしまったような変な感覚は、ちょっと説明のしようのないものだ。そのものズバリをしげしげと眺めながら、花とか花瓶で巧妙に隠されていた時代が夢のように感じられた。



 花や花瓶といえば、もちろん日活ロマンポルノである。

 私はロマンポルノには完全に遅れてきた世代であって、大学生になって名画座で過去作品を見るようになったのは、日活(社名もにっかつになっていた)がロマンポルノからエロス大作などと、路線を変えながら迷走している時期だった。スター女優の東てる美や美保純は一般ドラマで活躍していたし、高校時代に「EIGA NO TOMO」で眺めていた人たちも多くが引退していた。

 それが80年代半ばの話で、新宿昭和館五反田東映シネマあたりで80年前後の作品をボーッと見ていたものである。自由が丘の商店街にもピンク映画館があったなー。恵比寿や西小山にもあったような気がするが、記憶がさだかでない。



 先日、初期ロマンポルノのスターである中川梨絵が亡くなったそうだ。白川和子、日向明子、絵沢萌子、田中真理、片桐夕子といった人たちは、私の感覚では神話世界の女神のようなものだ。彼女たちの実際の作品は見たことがない。よく刑事ドラマなどにチラッと顔を見せるので、「ああこの人か!」と納得する程度。

 それから宮下順子、風祭ゆきあたりが2時間ドラマでいい役で出るようになり、その辺でこちらも高校生になって、ロマンポルノというものを意識しはじめたわけである。



 高校時代には、ちょっと不良っぽい生徒が年齢を偽ってピンク映画を見に行くというのが、ちょいワルのステータスになっていた。まあ、なんとも呑気で純朴な時代であった。もっとも、私はいっぱしの映画青年みたいになってから見はじめたので、周防正行、金子修介、中原俊といった若手監督の名前を追いかけて見ていたのだ。

 まだアダルトビデオが普及する前の話であって、ロマンポルノやピンク映画を見ていると、大学の仲間などからはいろいろとからかわれたものだが……。

 局部を隠すのが当たり前だった時代、そのことをとっても、なかなか奥ゆかしい世の中だったのだなあ、と思うのだ。



現在、最高の癒し系巨乳アイドル・西川ゆい



タグ : オナニー 昭和

2016/06/09(木)

 われわれ昭和のクソガキにとって、定番のズリネタだったのが漫画「俺の空」

 これは言うまでもないことなんだが、さすがに最近のガキにとっては「俺の空」でもないらしいんだなあ。いろいろ聞いてみると、「課長島耕作」のセックスシーンが、お手軽に手に入るエロいネタのようである。この辺の漫画は、今は普通に図書館に置いてあるらしくて、下手したら学校の図書室にもあるという話だ(おいおい)。

 それはともかく、こっちのオナニーに使用させていただいたのは、もっぱら本宮ひろ志の名作の方。特に冒頭のエピソードで、美人の女先生のアパートに押しかけて「やらせていただく」シーンには何十回にもわたって自慰衝動を喚起させられた。シチュエーションだけでいえば、今でも十分にズリネタになるもんね。



 「俺の空」のもうひとつの名シーンが、わがままお嬢様を緊縛してバックで突く場面である。あれには多大な影響を受けてしまい、女はああいうふうにやればいいのだという刷り込みになってしまった。

 しかしお嬢様関係のエピソードでいうなら、回想シーンでセーラー服の女を家庭教師が犯すところが、シチュエーション的には優れている。俺もああいうふうにJCやJKを賞味したいところだが、実際にやったらタイーホされるので、漫画やAVを見ながらあれこれ妄想するしかないのである。

 女教師にしてもセーラー服にしても、それがタブーの象徴であるという点がすばらしい。

 つまり、やってはいけないことをやるから興奮するし、気持ちいいのである。自由にやっていい嫁とセックスしても、興奮……はするし、気持ちいいことは気持ちいいのだが(笑)、タブーは別腹なのが男のセックスのいいところだ。



 というわけで、ここからが本題(な、長いです)。

 女教師というのは、もちろんAVにおける定番。ちょっと大人っぽいタイプのAV女優ならば、たいていの人が教師役をやっているわけで、ズリネタには事欠かない。しかし、ここで大事なのは、いかにしてタブーを表現するかということなのだ。いかにも淫乱女という演技プランで出てこられても、そんな女教師にはむしろ辟易してしまう。

 ここ数年でいえば、清純な顔して無茶苦茶やるというパターンでみづなれい朝倉ことみ本澤朋美といった連中の女教師ものでオナニーさせていただいた。ベテランでは大橋未久も非常にはまっていたと思う。キリッとした真面目な演技のできる人じゃないと難しいんだよね。人気者でも上原亜衣や佳苗るかは先生というタイプじゃないわけで……。



 などといろいろ考察していたところ、大場ゆいの女教師ものを見てかなり驚いたのである。

 これは最近では最高の傑作。俺は二度、三度と連続でズリネタに使用してしまった。

 大場ゆいはちょっとエラが張った感じの顔が苦手で、しばらく敬遠していたのだが、ベテランになっていい具合に丸顔になってきて、ほんわか癒し系美人になってきた。170cmの長身なので目立たないが、実は相当な巨乳巨尻。特にお尻のぬめっとした感じがよくて、バックで突かれるシーンが非常に絵になる。

 この人はかつては「小松なつ」の名前で、女子大生ふうのキャラで売り出していた。デビュー当時にちょっと見た記憶では、お尻が大きいなーという印象が強かったのと、演技力皆無なのが逆に素人っぽくて味になっていた。大きいお姉さん(もともと大きいんだが)になって、ルックス的に洗練されたのと、素人っぽいマグロぶりが見事に受けの演技に進化しているのがすばらしい。

 耳や乳首を触られると、脊髄反射みたいにビクンと跳ねるのがリアル。あと、明確に達したという演技をしないところが、奥ゆかしくていいんだな。羽月希なんかがやってる「イキました」という演技も、あれはあれで好きなんだけどね。






タグ : オナニー お尻

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド