自慰と快楽 オナニー日記2016年10月

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/29(土)

 PCでこれを読んでいるみなさんには一目瞭然なんだが、このたびDTIの広告をやめてDMMに統一することにした。記事内の広告も順次DMMのものに貼り替えている。

 DTIというか、カリビアンコムと一本道はかれこれ十年くらい見ているので、私としては今さら違法だのグレーゾーンだのと考える余地もないくらい当たり前の存在なのだ。しかし世間的には、これから徐々に締めつけが厳しくなっていく感じなので、文句が出はじめる前に早めに手を引いておくことにした。

 でも見る側としては、モザ入りの方が安心できるかも知れない。DMMはテレビCMもやっている有名企業だし。



無臭性における私の原点・鈴木ありさ(モザ入りですが)
鈴木ありさ

無料サンプルはこちら!!→ 鈴木ありさ 近親○姦



 ひとつには、このところいくつかの業者が摘発されているという事情がある。

 だが、これを全部ひとくくりに論ずることは早計なのであろう。最大手であるDTIは優良企業であって、日本上陸以来十数年間、ほとんど問題になったことはないのだ。

 最近摘発されている業者は、国内で公然猥褻にあたる行為をはたらいたものに限られている。先日問題になった沖縄に拠点を置いている業者の場合は、当札ものの一部がヤラセではなくてガチだったらしく、動画の拡散を防ぐ意味でアフィリエイターにも警告が出たということである。

 あの業者は私もかつて登録したことがあるのだけど、非常にうさんくさい感じがしたのですぐに退会したのだ。そのせいか、今回は俺のところには警告メールは来なかった(笑)。

 以前に比べると、こうした別件がらみの対応がきつくなっているのは確かである。



 DTIのような無臭性ものはグレーである、という意見がよく聞かれるが、アメリカ国内で米国法律を守っている以上は合法なのである。そして今のところ、外国のサイトを見てはいけないという制限は、われわれに課せられていない。また現実的にも制限をかけるのは不可能だろう。

 そして広告についていえば、合法なサイトにリンクすることはやはり合法である、という建前で掲載している。というかこの十年間それでやってきたのだが、これからは無臭性サイトへのリンク自体が公然猥褻とか猥褻幇助に当たる、という解釈に移行していくのかも知れない。



 私はインターネットをかなり初期からやっているので、二十数年前の無法地帯ぶりを知っている。特に炉裏がらみで懐かしく思い出すことが多い。その意味では昔はよかった(笑)。無法地帯に大勢の人々が流れ込んできて、だんだんと法が整備されていくというのは、まるで西部劇のような展開である。

 炉裏が追放されると、次は無臭性の番。というのは歴史の必然なのだろう。モザイクがあろうとなかろうと、俺としては相変わらず名作AVを紹介していくだけなんだけどね。



十年前の俺にとってもう一人のアイドルだった、愛原つばさちゃん
愛原つばさ

無料サンプルはこちら!!→ 愛原つばさ ギャルJK中出し


タグ : AV女優

2016/10/11(火)

 極意というと大げさになってしまうのだが、つまりはコツを掴むということである。ドライオーガズムを得るための極意、それは自分にとってのコツを見つけることだろう。

 それはざっくりと言えばPC筋の締め方の感覚的なものであり、マニュアルには載っていないのでやはり自分で掴まなくてはならない。また、ここで難しいのは、私にとっての極意が、他のたくさんのお友達にとっても極意となりうるかどうか、それはやってみなければ分からない、という点なのだ。

 それでも総論的には、ひとつのことが言える。自分の感じるポイントを見つけることが大事であり、そのためにはくじけずに試行錯誤しなくてはいけない。



 私に関して言えば、どうも会陰部刺激がうまくいかなかった。何年やっても感じるようにならない。

 それであるとき、自分のやり方をとにかく客観的に検証してみようと思ったのである。それで分かったのは、筋肉を締めすぎ、緊張しすぎているということだった。そこで、その逆をやってみればいいのではないかと思い、筋肉を緩めることを意識するようにした。

 具体的に言うと、軽くいきんで肛門を開く感じにしたのである。しかし、あまり力を入れるとオシ○コが出てしまう。実際に布団の上で放○してしまったことも一度や二度ではない(笑)。

 とはいえ、ある種のドライと失禁とは似通ったところがあるように思う。

 特に子供の頃、親や教師に悪事がバレそうになり、もうダメだと思ったときに下半身の力が抜けて失禁しそうになる感覚があった。どうもこれがドライオーガズムと似ているような気がするのだ。だから、思わずオシ○コが漏れてしまうというのは、方向性としてはまちがっていないのではないか。(布団の上でやると大変だが)



 この軽く肛門を開いてキープする、ということが、私にとってのひとつのコツなのである。

 これを覚えてから会陰部刺激も、エネマグラ(アネロス)も快感が飛躍的にアップしていったような気がする。


 エネマグラについて言うならば、うまくポイントに当たるかどうかが問題なのである。よくマニュアルで推奨されているEX2は、ピンポイントで当てるのが意外と難しい。大きめのEXやヒリックスの方が、広い面積をカバーできて具合がよかったりする。

 また、初心者段階では緊張しすぎて奥に引き込みすぎている場合が多いと思う。たいていはポイントを通り過ぎて、深いところを突いてしまっているのだ。多くのマニュアルに肛門を締めましょうと書いてあるから無理もないんだが、最初の頃は反射作用で嫌でもきつく締めてしまうものだ。実際にはむしろ押し出そうとする感覚こそが重要なのである。


 もっとも、ここでも本当に押し出そうとするとエネマグラがズボッと抜けてしまうので、これは微妙な力加減としか言いようがないのだが……。肛門を開き気味にして力を抜きつつ、あるポイント(自分が一番感じるポイント)でエネマグラをキープする、という感じだろうか。押し出されるのか引き込まれるのか、自分でもはっきりしない状態で静止するように心がける。

 すると、腸内の脈動によってしだいにアネロスがビクビクと動きはじめる。ここまできて、ようやくスタートラインに立ったという感じがするわけだ。



 ところで、このごろはアマゾンにもアネロス製品が出ているようだ。

 以前は本家サイト以外では通販大魔王くらいしか扱っているところがなかったのだが、今年に入ってからアネロスを扱う通販サイトが多くなってきた。

 しかしアマゾンはやや割高な感じがする。値引率とポイントからいって、まだ大魔王が一歩リードではないだろうか。


 てなわけで大魔王の広告です(笑)

ANEROS-EUPHO(アネロス ユーホー)
ANEROS-EUPHO(アネロス ユーホー)


 初心者向けではないと言われているユーホー
 でも奥が感じる俺には神グッズのひとつである


タグ : エネマグラ

2016/10/08(土)

 現在話題になっている坂口杏里のAVデビュー作を見た。

 別に見たいわけでもないのだが、こういうサイトをやっている義務感から一応見ておくべきだと思いまして。内容的にはごく普通のカラミであり、ありがちなデビュー作という印象。元芸能人という肩書きだけでいいかげんなものを出してくるかと思ったら、きっちりやることはやっている。

 一部でケツが汚いとか、剛毛だとかいって酷評しているゆとりがいますけど、そんなのは当人の勝手であってAV女優としての個性というものである。ちなみに俺は剛毛が好きである(本当にどうでもいい話だが)。



 しかし最近ではAV女優のレベルは天井知らずで上がっている。今や坂口杏里クラスの美貌では中の上といったところだろう。母親が有名女優という肩書きがなければ、企画女優からのスタートだったのではなかろうか。

 特に気になるのは、デビュー作を見る限りではAV女優としての売りが感じられなかったところだ。たいていの人は何らかの路線みたいなものが見えるものなんだが、彼女の場合はロリでいくのかイケイケなのか、妖艶熟女系をめざしているのかまるで分からない。おバカならおバカを前面に出す撮り方もあるのに、そういう感じもしないのである。



 などと真面目に論じてしまうのが私の癖であるが、坂口杏里の個性といえばまずはガリガリだろう。シーンによってはアバラが浮いていることもあり、そういうのが好きな人は好きかも知れないなーと思った。(俺はデブ好きだが)

 当サイトでガリガリといえば伊藤青葉である。彼女の場合は激ヤセというべきだな。うちで最も収入を上げているのは「伊藤青葉 激ヤセ」のキーワードだったりするのだ。




 伊藤青葉は非常に特殊な例として、ガリガリでぺったんこのAV女優で印象的なのは吉原ミィナである。

 吉原ミィナは意地悪お姉さんみたいな顔していながら、脱げば全くお肉のついてないつるぺたちびっこ体型で、そのギャップに興奮させられた。坂口杏里と違って、お尻は少年のように美しい(笑)。貧乳を売りにする人は今でもときどきいるんだが、吉原ミィナのようにガチで貧乳のAV女優というのは珍しい。なんでAV女優になろうと思ったのか、首を捻るほどである。

 もっとも、最後の方はさすがに女らしくふっくらしてきて、ちょっとオッパイらしきものが出現していた。当人もそこで限界を感じたのかも知れない。



 あとガリガリ系では、椎名ゆずという人がいた。

 今から6、7年前に出ていた女優さんで、覚えている人は少ないかも知れない。そもそも椎名という苗字のAV女優はやたらに多くて、椎名ひかる・椎名みゆ・椎名りく・椎名楓とか次から次に出てくるので、誰が誰なんだか分からない。

 椎名ゆずも吉原ミィナで好評を博した貧乳シリーズ(?)で登場した一人だった。吉原ミィナが少年みたいな体型だとするならば、椎名ゆずはまさにJC的な見事なつるぺた。こやつに比べれば俺の方がはるかに巨乳である。

 ところが、童顔つるぺたとは対照的にアソコは使い込まれて真っ黒くろすけで、プレイぶりも相当にハードで驚かされた。ガリガリでもこれほどの個性というかスター性を打ち出してくれば、十分にオカズになるということだ。





タグ : AV女優

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。