セクシーオールナイトと浅見美那

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/08(月)

 これはオナニーの思い出の方に属する話題なんだが、現にオカズにして抜いちゃったので、現在進行形と言うこともできる。まあどっちでもたいした違いはないんだが、年上のお姉さまというのは何歳になってもたまらんものだ。

 浅見美那という往年のポルノ女優を思い出したのである。

 南野陽子を思わせる口元のホクロがチャームポイントで、キリッとした知的な美貌にむっちりボディーがすばらしい人だった。ロマンポルノ後期にかなりの存在感があったと思うし、のちに超戦隊シリーズに出演したので、当時のお子ちゃまにもおなじみだったのではないか。



 浅見美那が人気を博していた頃、僕はちょうど高校生だったので、現物の映画はもちろん見ていない。とはいえ雑誌「EIGA NO TOMO」は文字どおり食い入るように見ていたから、主要なオナペットの一人であったことはまちがいないのである。それから、さいとう・たかをのリイド社が出していた「アクトレス」という雑誌があった。これはロマンポルノと連携したグラビアが売りで、ラジオ番組「セクシーオールナイト」のスポンサーでもあり、ちょっとエロいスポットCMが印象的である。


浅見美那
これが浅見美那お姉さま ほんとお美しいです


 話が前後するようで実はつながっているわけだが(そうなの?)、浅見美那はじめロマンポルノ女優さんたちが「セクシーオールナイト」の司会をやっていた時期があり、その頃にはラジオを聴きながらオナニーしていたわけである。まさに隔世の感があるんだけど、あの番組のコアなファンは同世代の若者の中にかなりいたのではないかと想像する。


 「セクシーオールナイト」は日本短波放送改めラジオたんぱの看板番組(というのは言いすぎ)で、土曜深夜1時に放送開始という、まさに週末の深夜番組であった。82年から84年までというから、意外に短いあいだだったんだな。ミスターXという変態男が登場して(正体は若手落語家だったらしい)、エロいお店を体当たりリポートしたり、多分やらせだろうが聴取者とテレホンセックスしたりする。

 この過激さが人気を呼んで、一時期短波ラジオが飛ぶように売れたというんだからおそろしい。



 おそらく、あまりに過激になりすぎて収拾つかなくなったので、ソフト路線に移行するために女優さんを起用することになったのだと思われる。やがてミスターXはフェードアウトして、番組自体も他愛ない内容の「アイラブナイト」に変わり、その辺で僕は聴くのをやめてしまった。やはり深夜番組は無茶苦茶やらないと面白くない。



 で、肝心の浅見美那なんだが……「セクシーオールナイト」に登場したのはいいんだけど、他の女優さん(小森みちこ、岡本かおり、寺島まゆみetc、みんなさんざんお世話になった面々)ともども、喋りの方はいまいちなのだった。というか、どいつもこいつも滑舌が悪くて何を言っているのか分からない(笑)。やはりロマンポルノ女優は脱いでナンボ。「EIGA NO TOMO」を見ながらオナニーしている方がよかったのである。orz

 その中でただひとり、死んだ可愛かずみの頭の回転の速さ、ウィットの効いた進行ぶりに感心させられた。そんなことなどを思い出しながら、今夜あたり寺島まゆみで一本抜いてみようかと思う。セクシーオールナイト!!(←例のガラガラ声で)



大人のおもちゃ通販大魔王


関連記事
この記事へのコメント
短波が入るラジオが家にあり、聴いてましたよ(^_^)v EIGA no TOMOも買ってたなぁー中学でしたが(^_^;)
自分は青木琴美さんが大好きでした。
2016/06/12(日) 00:20 | URL | 池中玄太 #kuX..F9k[ 編集]
池中玄太さん、コメントありがとうございます。


青木琴美は懐かしいですね。代表的なロリ系女優でしたねー。
しかし中学生であの雑誌を買っていたのは偉い。
表紙が有名アイドルなので、レジに持って行きやすいんですが、
会計の時には本屋さんに睨まれてました、こっちは高校生でしたがw
2016/06/12(日) 15:52 | URL | ダーティポパイ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。