愛内希 アイドル顔激カワ美少女が剛毛全開オナニー

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/02(水)

 AVにおいて「美少女もの」というのは普通に使われる言葉だが、ある時期を境にその美少女のレベルが異常に上がってきたのである。TVタレントとしてバラエティ番組に出てもおかしくない上玉が、平気でお股を開いてガンガンとハードプレイを見せるようになった。元アイドルの肩書きを売りにしてAVデビューするのも珍しくなくなった。AVに出るのはケバい女と相場が決まっていた80年代前半から考えると、まさに隔世である。

 俺の感覚では、2008年くらいからケバさのない素人っぽい女が続出しはじめた感じがある。乙井なずな、ももかりん、橘ひなた、平井綾、もう少しあとでは藤原ひとみ、秋元まゆ花といった美少女タイプにお世話になった。そこから熟女系にシフトして、売りに売りまくったのが羽月希だろう。



愛内希がデリヘル嬢を演じる「出張メンズエステ編」
愛内希1



 美少女AVアイドルといえば、メジャーなところでは麻倉憂、最近では佳苗るかあたりが代表格になると思う。しかし、俺の趣味はどうしても少しマイナーなところにいくんだな。まあ、ズリネタにメジャーもマイナーもないんだが、なにごとも度が過ぎると一般大衆は一歩引いてしまうというか……。

 アイドル顔の美少女がセックスするという、意外性の面白さがこのジャンルの基本なのであろう。それがあんまり美少女すぎ、あまりにも過激プレイにすぎると、なぜか主流からは外れてしまうようである。

 その代表選手として、朝倉ことみ愛内希のふたりが挙げられる。それぞれ2010年、11年のデビュー。コアなファンを獲得して売れっ子になった両者なんだが、かわいい顔してやることがムチャクチャすぎたのか、いまいちマニア的な人気に終始しているところが共通しているようだ。



 愛内希は童顔丸顔にスレンダーボディー、というか貧乳炉裏体型で、締まったお尻がちょっと少年みたいである。非常に整ったアイドル顔の美人。スーツとかOL制服でビシッと決めたジャケットが多くて、この美少女が裸になったりセックスを披露したりするとは、これを見ただけでは想像がつかない。

 ところが、いざ本編を見るとやることはムチャクチャのきわみ。このお顔であっけらかんと局部全開して大胆オナニーを見せたかと思うと、本番では抜群の犯されっぷりに半端ではない腰使いを見せ、おまけにアナルセックスも平気なのである。

 特筆すべきはその剛毛ぶり。ケツ毛までびっしり黒々で、かわいいお顔と汚いお尻の対照の妙だけで十分に抜ける。

 美少女アイドル顔でケツ毛バーガーというのがどうにもたまらず、俺は何度オナニー衝動を喚起されたかわからない。



この顔でケツ毛ボウボウとは……
愛内希2




 愛内希は留学費用を稼ぐためにAV出演していたそうだが、あまりに売れっ子になったのでやめるわけにもいかず、お金がたまってからも2年くらい出演を続けていたようだ。この人は最初から一本立ちのタイトルで出ていたような気がする。企画女優(その他大勢)の経験はしてないんじゃないかな。まあ、これだけ美人ならば「開幕一軍」も当然だろう。

 カリビアンコムに限っていえば、代表作は「清純派アイドルの本気」という一作。大胆ディルドオナニー、ラブラブハードセックス、緊縛SMと過激プレイがすべて見られる豪華版だ。わけのわからん体勢で大開脚するグダグダのヨガ体操はファンならずとも絶対必見。





関連記事

タグ : 剛毛

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。