セクシーオールナイト 80年代の懐かしいズリネタを探そう

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/21(木)

 このごろ、80年代の懐かしいエロネタが気になっている。

 なんとなく、若い頃にお世話になったズリネタをもう一度眺めてみたいという気持ちなんだが、もちろん今さら抜けるというほどではないだろう。過激なものなら現代にいくらでもあるわけで……。


 何冊か手元に残っている男性誌を見ていると、沢田和美のヌードが載っていた。これはまた懐かしい人だ。われわれよりも世代的にはちょっと上のお姉さんという感じ。さすがにもう活動はしてないのかも知れない。80年代半ばに、とんえるずの「そろばんずく」という映画に出たあたりが最後かな。

 それから、新書版のセックス本とか、青少年向きの性の悩みものなんかも懐かしい。80年頃に新書版で話題作が連発されてブームになったことがあり、その嚆矢はおそらく江本孟紀のプロ野球本だったと思う。ブッチャーのプロレス本もあったね(ゴーストライターが梶原一騎の恐喝を受けたというやつ)。

 その流れでエロい内容の本もいろいろ出て、学校の帰りによく立ち読みして股間を大きくしていたものだ(笑)。



 ところで、当サイトでドライオーガズムに次いで人気のあるネタといえば、「セクシーオールナイト」の話なのである。

 しかし、もはやあまり詳しいことは覚えてないのだ。文献も全然ないしね。ちょっと前まではいくつか録音テープを持っていたんだが……。この番組、放送期間が短かったわりには内容がコロコロと変わったので、時期によってずいぶん印象が違っている。だから、自分の印象だけで書くと「いや、それはちがう!」と反論されたりして困ってしまうのだ。


 「セクシーオールナイト」はラジオたんぱの番組である。私がラジカセを買った頃、ちょうどBCLとかいって海外ラジオを聴くのが流行っていた時期で、何気なく買ったソニーのラジカセがAM・FM・短波を受信できるようになっていた。その頃はまだ日本短波放送と言っていた。

 もちろんネットも何もない時代なので、情報はほとんど入ってこない。ある日、高校の級友から「短波放送で凄いのやってるぞ」と教えられて、それから聴く(抜く)ようになったのだ。

 私の印象では、「セクシーオールナイト」の前に大学受験講座を放送していたような気がする。よく寺田文行の数学なんかを聞いたあと、ようやくオナニータイムに突入したような……しかしよくわからんラインナップだな。



 特にエロかったのはミスターXがパーソナリティーだった時期で、風俗店に突撃して実際にサービスを受けたり、聴取者(おそらく仕込みだろうが)とテレホンセックスしたりと、まさにやりたい放題。そしてロマンポルノ女優が出てきて、新作映画のシーンをそのまま演じるラジオドラマが最大の抜きどころだった。

 こういうエロいドラマは「セクシーオールナイト」の一手販売みたいに言われているが、もう少し前に「せんだみつおの足掛け二日」とかいう番組でやっていた記憶がある。有名アイドルが売れない頃に、この番組で喘ぎ声を出していたとか。一説には松田聖子も出ていたらしいとか、一部局地的に話題になったことがあるが、まあ芸能人だから仕事となれば何でもやるだろう。



 そんなことはともかく、ミスターXが過激すぎたので批判を浴びて降板、そのあとロマンポルノ女優が日替わりでパーソナリティーを務めるようになった……と書いてある資料が多い。いや資料自体ほとんどないのだが、たいていそう書いてあるんだな。

 でも女優さんたちがメインになってからも、ミスターXは依然としてエロいドラマとか風俗店リポートをやっていたと思う。しかも過激さは相変わらずで、私はやっぱり彼のコーナーで毎回抜いていたのだ(笑)。まあ批判を受けて路線変更したのは確かなんだろうけど、実際聴いていた印象は文献とはちょっと感じが違うということを言っておきたい。



むっちり美女・西川ゆいちゃんの最新作が登場!
こんな泡姫のマットプレイを受けてみたいです




関連記事

タグ : オナニー 昭和

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。