夢精とドライオーガズムの微妙な関係

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
2016/09/15(木)

 初めて夢精したのは小○校5年か6年の時だったと思う。

 それより前から永井豪の漫画を見てチン○が大きくなるのを経験していて、エロいものに対する興味は増大の一途をたどっていた。少年ジャンプなんかを読むと、当時のことだからズバリなエロはあまり出てこないんだが、「事後」の絵がよく出ていて、女が「もうお嫁に行けないわ」などと泣いているシーンがあった。

 はっきりした意味はよく分からないのだが、いやらしいシーンだということは感じられた。子供ながら、女をいたぶって泣かすと面白いという真理を理解したのである(笑)。



 そして、高学年になった頃にエロい夢を見て夢精したわけである。

 最初はオシ○コが出ているのかと思ったのだが、それにしてはあまりにも気持ちよく、どうやら別の何物かであるらしいことを悟った。学習誌の記事を見て、夢精ということを初めて理解したような気がする。

 それから性器が目に見えて大きく育ってきて、皮がむけるのを経験した。これが中○校に入る少し前のことで、その時期にはかなりの頻度で夢精していた。中○生になってからは毎日オナニーするようになり、そのまま今日に至っているので(笑)、夢精ということはなくなったようである。



 何の話かというと、このごろ会陰部刺激とかエナジー呼吸をやったあとに眠ると、ちょっと夢精のような感じになるのだ。

 射精するわけではないんだが、かなり鮮明なエロい夢を見る。たいてい、女の先生にアヌスをペニバンで責められている夢であり、肛門の筋肉が激しく収縮しているところでパッと目が覚めるのだ。

 すると、前立腺の付近がドクンドクンと激しく脈打っていて、次の瞬間、すさまじいとしか言いようのないドライオーガズムに突入してしまう。



 これは、眠りながら起きているという絶妙なリラックス状態がもたらす現象かも知れない。

 私としては、目が覚めた瞬間に「ちょ、待てよ!」という気持ちなのである。このドライオーガズムの快感というか、容赦のなさが半端ではなくて、身動きできないどころか息をすることもできないのだ。

 快感もある点を過ぎれば苦痛なのである。肛門に発生した光のかたまりみたいなものが、背中を通って脳天に抜けていくんだが、それが休む暇もなく次から次に繰り返され、「まずい、このままだと死んでしまう!」という恐怖すら覚えてしまうほどなのだ。



 私としては、アネロスよりもエナジー呼吸よりも、この夢精ならぬ夢ドライが一番強烈なのである。快感の総和としては、射精の数十倍はすさまじいものだろう。

 ひょっとして、女性はいつもこのくらいの快感を普通に得ているのだろうか。と考えると、なにやら空恐ろしくなってくる今日このごろだ。



 羽月希に橘ひなた、ほか超売れっ子アイドル競演のブルマもの!




関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド