坂口杏里のAVを見てガリガリのAV女優について考える

オナニー、ドライオーガズム、昭和のエロネタをまったりリポート
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/08(土)

 現在話題になっている坂口杏里のAVデビュー作を見た。

 別に見たいわけでもないのだが、こういうサイトをやっている義務感から一応見ておくべきだと思いまして。内容的にはごく普通のカラミであり、ありがちなデビュー作という印象。元芸能人という肩書きだけでいいかげんなものを出してくるかと思ったら、きっちりやることはやっている。

 一部でケツが汚いとか、剛毛だとかいって酷評しているゆとりがいますけど、そんなのは当人の勝手であってAV女優としての個性というものである。ちなみに俺は剛毛が好きである(本当にどうでもいい話だが)。



 しかし最近ではAV女優のレベルは天井知らずで上がっている。今や坂口杏里クラスの美貌では中の上といったところだろう。母親が有名女優という肩書きがなければ、企画女優からのスタートだったのではなかろうか。

 特に気になるのは、デビュー作を見る限りではAV女優としての売りが感じられなかったところだ。たいていの人は何らかの路線みたいなものが見えるものなんだが、彼女の場合はロリでいくのかイケイケなのか、妖艶熟女系をめざしているのかまるで分からない。おバカならおバカを前面に出す撮り方もあるのに、そういう感じもしないのである。



 などと真面目に論じてしまうのが私の癖であるが、坂口杏里の個性といえばまずはガリガリだろう。シーンによってはアバラが浮いていることもあり、そういうのが好きな人は好きかも知れないなーと思った。(俺はデブ好きだが)

 当サイトでガリガリといえば伊藤青葉である。彼女の場合は激ヤセというべきだな。うちで最も収入を上げているのは「伊藤青葉 激ヤセ」のキーワードだったりするのだ。




 伊藤青葉は非常に特殊な例として、ガリガリでぺったんこのAV女優で印象的なのは吉原ミィナである。

 吉原ミィナは意地悪お姉さんみたいな顔していながら、脱げば全くお肉のついてないつるぺたちびっこ体型で、そのギャップに興奮させられた。坂口杏里と違って、お尻は少年のように美しい(笑)。貧乳を売りにする人は今でもときどきいるんだが、吉原ミィナのようにガチで貧乳のAV女優というのは珍しい。なんでAV女優になろうと思ったのか、首を捻るほどである。

 もっとも、最後の方はさすがに女らしくふっくらしてきて、ちょっとオッパイらしきものが出現していた。当人もそこで限界を感じたのかも知れない。



 あとガリガリ系では、椎名ゆずという人がいた。

 今から6、7年前に出ていた女優さんで、覚えている人は少ないかも知れない。そもそも椎名という苗字のAV女優はやたらに多くて、椎名ひかる・椎名みゆ・椎名りく・椎名楓とか次から次に出てくるので、誰が誰なんだか分からない。

 椎名ゆずも吉原ミィナで好評を博した貧乳シリーズ(?)で登場した一人だった。吉原ミィナが少年みたいな体型だとするならば、椎名ゆずはまさにJC的な見事なつるぺた。こやつに比べれば俺の方がはるかに巨乳である。

 ところが、童顔つるぺたとは対照的にアソコは使い込まれて真っ黒くろすけで、プレイぶりも相当にハードで驚かされた。ガリガリでもこれほどの個性というかスター性を打ち出してくれば、十分にオカズになるということだ。





関連記事

タグ : AV女優

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 自慰と快楽 オナニー日記 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。